ランドセルを選ぶ基準とは【牛革など素材野特徴を知っておこう】

MENU

初めてで気を付けること

内祝い

時期と金額のマナー

出産祝いをいただいた方に感謝の気持ちを返す出産内祝いは、もともとは生まれた喜びを親戚や友人そして近所の方に報告を兼ねた贈り物でした。お返しをいただいた方だけではなく、いただいていない方にも出産内祝いを渡しても問題はありません。初めて出産内祝いを送るときに気になるマナーは贈る時期です。生後1ヶ月ごろにお返しを渡すことがベストですが、生後2ヶ月後までに贈るようにします。直接自宅に伺ってお渡しできればベストですが、タイミングが合わなかった場合や遠方の方だった場合には宅配便でお贈りしても大丈夫です。出産祝いが自宅ではなく実家に届いていることもありますので確認し、お返しが漏れないようにリストアップしておくと安心です。出産内祝いが遅れてしまったときには、取り急ぎ電話や手紙にてお礼を伝えてから、おわび状と一緒に出産内祝いを贈ります。お返しが遅くなってからのしやメッセージカードもつけずに贈ると受け取った相手が何かわからなくなってしまうため、必ず出産内祝いをわかるようにしておきます。通販で一度に手配しておくと贈り忘れにも防止することができます。出産内祝いをするときにはいただいた金額の半返しをするようにします。出産祝いでいただいたものよりも上回ってしまうとマナー違反となってしまうためお返し用に用意する品物の金額瀬帝には注意が必要です。お返しの金額が明確になってしまう金券などは目上の方のお返しとしては避けておく方が無難です。