ランドセルを選ぶ基準とは【牛革など素材野特徴を知っておこう】

雛人形

現代風に進化する雛祭り

古くから親しまれてきた雛祭り、もとい雛人形。それらは現代風の密かな進化を遂げています。可愛くなった人形の顔、サイズもコンパクトになって上がった機能性も日本人が持つ雛祭りに対する深い親しみに裏打ちされたものです。

詳しく見る

MENU

女の子

素材の多様化

女の子のランドセルも、多様化が進んでいます。カラーや容量も改善が進んでいますし、快適な学校生活のためにはランドセル選びが欠かせません。子どもの可能性を引き出すアイテムですし、実際に手に取って慎重に選んでみて下さい。

詳しく見る

内祝い

初めてで気を付けること

出産内祝いには感謝を込めたお返しですが、お返しをする時期や金額のマナーがあります。お返しする時期は生後1ヶ月がベストですが遅れてしまっても2ヶ月までに贈り、遅れてしまったときにはお詫びを先に伝えて贈ります。お返しの金額は半返しがマナーです。

詳しく見る

ランドセル

長持ちする素材を選ぶ

ランドセルは小学校6年間使うため長期間使えることが一番です。ブランドや素材の違いから値段の差はありますが、長期間使うには素材としてはコールバンや牛革の素材がおすすめです。入学のお祝いとしても喜ばれるプレゼントとなります。

詳しく見る

雛人形

衣裳にこだわり有り

雛人形の特徴は、良いものであれば衣裳や小道具など、さまざまな部分にまで職人のこだわりがあり、専門の着せ付け師までいることです。手の良いものには詳細にまで目を見張る技が光りますので、是非じっくり時間をかけて選びたいですね。

詳しく見る

納得のいくものを買う

子供

何を基準に選ぶのか

ランドセルに使われる素材に関しては、牛革やコードバン、クラリーノといった、3つに大きく分けることができます。そして、自分の子どものためにランドセルを購入する場合、それぞれの素材の特徴を、予めよく理解した上で選ぶことが重要です。ちなみに、コードバンや牛革には、今や様々なカラーのランドセルが出ているため、カラーを基準にランドセルを決める必要はありません。ただし、素材によって少し変わってくるのは、耐傷性や使いやすさなどです。ランドセルの中にものを入れられる量ですが、以前までは、牛革・クラリーノ・コードバン、どれも同じような量を収納できるようになっていました。しかし、使いやすさを考えると、現在ではクラリーノが最も使いやすくなっています。クラリーノというのは、基本としては工場で作ることがほとんどなので、クラリーノを手がける数多くのライバルが存在します。これにより、簡単に開け閉めが行えたり、軽く作られていたりなど、作る会社により特徴は数々あるでしょう。その一方で、コードバンや牛革がクラリーノを上回っているのは、縫い目の強度で、とくに肩ベルトや大マチの角に関しては、手縫いされていることが大半です。よって、機械を使って縫うよりもほつれにくくなり、正常な状態で長くランドセルを使えるでしょう。また、通常の使い方であれば、どのランドセルを選んでも、小学校へ通う6年間は、修理をすることなく使い続けられます。ですが、子どもがやんちゃな性格をしていて、不安を抱える方であれば、簡単に修理ができるものを選ぶのが一番です。

PICK UP

雛人形

現代風に進化する雛祭り

古くから親しまれてきた雛祭り、もとい雛人形。それらは現代風の密かな進化を遂げています。可愛くなった人形の顔、サイズもコンパクトになって上がった機能性も日本人が持つ雛祭りに対する深い親しみに裏打ちされたものです。

詳しく見る

女の子

素材の多様化

女の子のランドセルも、多様化が進んでいます。カラーや容量も改善が進んでいますし、快適な学校生活のためにはランドセル選びが欠かせません。子どもの可能性を引き出すアイテムですし、実際に手に取って慎重に選んでみて下さい。

詳しく見る

内祝い

初めてで気を付けること

出産内祝いには感謝を込めたお返しですが、お返しをする時期や金額のマナーがあります。お返しする時期は生後1ヶ月がベストですが遅れてしまっても2ヶ月までに贈り、遅れてしまったときにはお詫びを先に伝えて贈ります。お返しの金額は半返しがマナーです。

詳しく見る

ランドセル

長持ちする素材を選ぶ

ランドセルは小学校6年間使うため長期間使えることが一番です。ブランドや素材の違いから値段の差はありますが、長期間使うには素材としてはコールバンや牛革の素材がおすすめです。入学のお祝いとしても喜ばれるプレゼントとなります。

詳しく見る

雛人形

衣裳にこだわり有り

雛人形の特徴は、良いものであれば衣裳や小道具など、さまざまな部分にまで職人のこだわりがあり、専門の着せ付け師までいることです。手の良いものには詳細にまで目を見張る技が光りますので、是非じっくり時間をかけて選びたいですね。

詳しく見る